忍者ブログ
体内時計の乱れから体調不良について解説しています!
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1] [2]
睡眠不足が続くと、体調が優れない。そんな経験はないでしょうか?



人によって、これくらい寝たら大丈夫という基準はさまざまですが、最低6時間は寝た方がいいと、健康上はいわれていますよね。



美容には八時間寝た方がいいといいますが、仕事をしていたりすると、なかなか毎日八時間というのは難しいものです。



私は仕事で寝不足が続き、四時間や五時間睡眠が続いたとき、日中に体がだるくなったり、また頭がぼーとしたり、なんとなく体調が悪いのがわかりました。



それで、やっぱり睡眠は食事と同じくらい、体調を整えるには必要なものだなと実感したんです。



もしあまりまとまった睡眠が取れないときは、お昼の10分間お昼寝をするだけでも、少し体が楽になります。



休憩時間がとれる職業の人は、お昼にたった10分でも仮眠するのがおすすめです。



たった10分ですが、それ以上に寝すぎてしまうよりも、すごく頭がスッキリするのがわかりますよ!体調が悪くなる前に、睡眠をしっかりとりたいですね。




PR
夏は身体を冷やしすぎないように注意して体調を整えます。



エアコンを使うときは部屋を冷やしすぎないように、寒くならないように温度設定は27度程度。



様子を見て28度に上げることもありますよ。



26度に設定することは滅多にありませんが、お客様が来るなどどうしても涼しくしておく必要があればその時だけ26度に設定します。




私は冷え性体質です。そして寒さに弱く暑さには強いんです。



夏生まれだから暑さに強いのかな・・・と思うこともありますが冷え性体質だから暑さに強いんだと思います。多少肌が汗ばむ程度でも苦になりませんよ。




それより鳥肌が立つような温度が辛いです。



買い物へ出かけしばらく店内にいると寒くなって慌てて買い物を済ませるのですが、翌日風邪のような症状になることもあります。



よっぽどじゃなければそうならないですが、室温は下げすぎずいつもストレスがかからない状態でいると体調が整います。




寝るときもエアコンを使わないほうが私は体調が良いのです。




体調を整えたい時には、一番気をつけたいのが栄養面です!



自分の経験上ですが、食事が不規則な時、また食事による栄養が偏っている時には、体調をくずしがちなんです!いかに栄養をとるのが大事かということを、身にしみています。



栄養といっても、なにを取ればいいかわからないですよね。



タンパク質やビタミンなどは、健康に欠かせない栄養分です。



また、パンばかり食べるのではなく、お米からの栄養価は高いので、お米は必ず取り入れた方がいいですね!



また、小松菜やほうれん草も積極的に取り入れたい栄養です。



私は、あまり時間のないときや買い物にもなかなか行けないとき、納豆は常備しておくようにしています。



納豆は健康に欠かせないですからね。



なんか体調がすぐれないな、そんなことを思ったとき、栄養ドリンクを飲むことよりも、栄養の入ったいろいろな食材を食べる方が効果的です。



食べたものが体をつくります。どんなに忙しくても、食べることはおろそかにしない方がいいですね。




気温が高い日に急に身体が重く感じて動きたくなくなることがあります。



汗が出て止らないとか、反対に今まで出ていた汗がピタッと止ったらそれは熱中症や脱水症状かもしれませんね・・・。



頭が痛くなったり吐き気がしてきたらその場に横になりましょう。無理をして起き上がってはいけません。



立っていることができなくなったら横になるのです。



座って誰か来るのを待つよりも、心臓がどくどくしないように横になった方が楽になるはずです。



私は以前ホットヨガで汗が出すぎてしまって脱水症状になりました。



その時座っていられなくて横になったのですが、横になって水分補給を続けていたらなんとか動けるようになりましたよ。




脱水状態は軽く見ない方がいいです。



夏は誰でも脱水状態になる危険があるので日頃から体調を整えておくことを忘れずに。



早く寝て睡眠はたっぷり取ることと、水分も多めに摂っておきましょう。



知らず知らずに汗が出ていることを忘れないことです。




便秘気味の時は、どしても身体のあちらこちらに影響するようで体調が悪くなってきます。



まず、ガスが腸内に溜まるのでお腹が張り易くなります。



食べた物が腸内に長く滞留して便秘が続くと腰まで痛くなってきます。



血行も悪くなるからでしようか、肩こりも起きますし、身体全体が重く感じられます。



便秘なので食欲も無くなりプリンとかヨーグルトなど胃腸に負担のかからない物ばかりを選んで食べるようになってしまい、結局体力も落ちてしまいます。



まさに負の連鎖です。ここから何とか脱却するには、バナナジュース等飲んで腸内の活性化を図る必要も出てきます。



なるだけ薬類は飲まずに便秘を解消するようにしています。



便秘はストレス等心理的な事も影響するらしいので、なるだけストレスを受けないように心がけてますが、避けがたい時もあります。



じっとてしていると益々腸が不活発になるので、なるだけ歩いて買い物に出かけたりして運動と気分転換を図るようにしていると突然トイレに行きたくなり便秘が解消されたりすることもあります。



体調が悪い時はじっとして安静にしたいた方がいいのかもしれませんが、便秘が原因の場合は適度な運動も効果的だと思います。



歩くという基本的な運動の効果は、思っているよりもあると実感しています。




フリーエリア
P R

Powered by Ninja Blog    Template by Temp* factory    Material by 空に咲く花
Copyright (c)体内時計の乱れから体調不良に All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]